HERO GARAGE PICTURES

Video Services動画

ドラマ制作 企業向け再現ドラマ

ドラマ制作企業向け再現ドラマ

再現ドラマの効果

視聴者にわかりやすく伝えることができる

再現ドラマには、過去に起きた出来事(事件)を映像にすることで、視聴者にわかりやすく伝える効果があります。
ヒーローガレージピクチャーズでは、企業から「研修用、新人教育用に活用してみたい」という声をいただくようになりました。
制作費も高く、敷居高いと思われがちですが、ヒーローガレージピクチャーズではドラマ制作も時間精算ですので低価格で仕上げることが可能です。
これからは、研修用だけでなく、商品の広告宣伝、企業PRを目的にしたWEB配信も増えていくことでしょう。

ドラマは広告宣伝や企業PRにも活用できます

製品開発への思いや舞台裏を映像に

2000年3月から2005年末までNHKで放送されていたドキュメンタリー番組『プロジェクトX』は、製品開発の舞台裏を企業・団体や従業員・商品名を実名で取り上げるという演出スタイルで瞬く間に高視聴率を記録しました。
同じくNHKの連続テレビ小説では、多少の脚色はあるものの、実在する企業や人物を取り上げることで世の中の注目を集め、結果的にその企業や人物が関わった商品(ウィスキーなど)や出版社、学校などの知名度が上がりました。
関わった人の思いや舞台裏を描いたドラマは、視聴者が商品や企業に対しての理解を深めるものになり、商品の広告宣伝や企業PRにもつながる強力なツールにもなります。

まずは三幕構成をイメージ

三幕(設定、対立、解決)でストーリーを構成していきます

文章と同じように映像でも土台となるストーリー構成が大事です。まず自分たちでイメージしてみましょう。
映像では構成/脚本は三幕構成で作るのが一般的です。

第一幕:設定

主人公や登場人物のプロフィールや状況を視聴者に理解してもらう部分です。長くなりすぎて飽きさせることのないようにナレーションやテロップを活用するのも一考です。
そして、第一幕の最後に事件を発生させます。視聴者を引きこむためのツカミのポイントになります。この事件解決こそがストーリーの目標設定になります。

第二幕:対立

第二幕では、第一幕で発生した問題を主人公が解決しようと努力する姿を描きます。中盤に視聴者がダレることのないよう、ストーリーに厚みや幅をつけるために、サブストーリーやエピソードを入れます。
対立要因は、他人や現象などの物理的な外部要因と、主人公の葛藤といった内面にある精神的な内部要因があります。障害や困難を複数用意することで、視聴者に「どうなるんだ?」と予想してもらうことができれば、後半の第三幕まで集中力を維持させることができます。

第三幕:解決

ピンチ ⇒ クライマックス ⇒ レゾリューション(解決) ⇒ エンディング

クライマックスの一歩手前の所で主人公をピンチにします。視聴者は窮地に陥った主人公を応援し、逆転を望みます。 主人公が突破口を見付け、逆転劇を描くのがクライマックスです。
目標達成後に、残っている問題を解決させます。エンディングはどのような終わり方にせよ、最終的に視聴者を気持ちよくさせることで、好評価につなげます。

三幕構成の例

不動産会社の社員が出演しています。
新入社員が成長していく様子を、テロップを活用し短く(約1分半)まとめています。

ドラマの制作工程

なんとなく構成のイメージができたら(できなくても)、ヒーローガレージにお問合せください

ヒーローガレージでは、制作経験豊富なプロデューサーと演出家(ディレクター)が完成まで細かくサポートします。完成尺10〜15分で制作期間は1〜2カ月程度です。制作は下記の流れになります。

【ご発注前】

1.メールまたは電話でお問合せください。担当者から折り返しご連絡し、目的、内容、対象、納期、配信方法などをお伺いします。
2.構成のイメージを具体化するためのインタビューシートを弊社からお送りしますので、わかる範囲で記入しご返送ください。
3.打合せ(東京都内でしたらお伺いします。)
4.お見積り(打合せをもとに見積をメールにて送付いたします。電話でご説明いたします。)
5.注文書受領後、制作スタートとなります。

【制作スタート】

6.構成と脚本(必要に応じて絵コンテ)を作成します。
7.登場人物のキャスティング。書類選考またはオーディションで出演者を決定します。
8.撮影/編集スケジュール、脚本、ロケ場所の調整
9.演出家(ディレクター)・制作プロデューサーと出演者が顔合わせ(お客様もお立会いください)
10.撮影(1〜数日間)
11.映像編集(立会い可能です)
12.ナレーション/テロップの挿入
13.音楽/BGMの挿入
14.試写と調整の後に完成!

ドラマ制作費

構成から出演者手配まで、すべておまかせで制作を行う場合には制作費は100万円を超えてしまいます。ですが、企業のかたがたに、出演いただいたり、制作の一部に参画していただくことは、制作費を抑えるだけでなく、社員のモチベーション高揚にもつながる効果があると考えています。
ヒーローガレージには1998年から自社メディアを含め年間10本以上の多様なショートムービーを制作プロデュースしている経験とノウハウがあります。御社にとって最適なご提案をいたしますので、まずはお気軽にお問合せください。

pagetop