HERO GARAGE PICTURES

Photo Services写真

広告写真撮影 不動産/料理/商品

広告写真撮影不動産/料理/商品

ヒーローガレージピクチャーズの強み

写真撮影だけでなく WEB制作や動画撮影にも強い

ヒーローガレージは1998年創業の制作会社です。これまでに商品/サービスの訴求方法は、パンフレット(写真/テキスト) ⇒ WEB(写真/テキスト) ⇒ WEB(動画)に変化してきましたが、ヒーローガレージではすべての工程を社内で制作してきました。経験豊富なスタッフが社内に常駐し、価格設定を明快にすることで、見積りのスピード対応と目的に応じた最適な提案を強みにしています。

他にも次のような強みがあります。

・さまざまなジャンル/全国のカメラマンネットワーク
・商品撮影スペースが社内にある
・レタッチャー、ヘアメイク、スタイリストの撮影に関わる専門スタッフも手配可能

ぜひお気軽に相談ください。

広告写真撮影について

品質にこだわった不動産/商品/料理の広告写真はおまかせください。広告写真もヒーローガレージピクチャーズは明確でわかりやすい価格設定で撮影しています。

商品撮影は弊社内スタジオでも撮影も可能です。

店舗や事務所・工場への出張撮影も承ります。必要最低限の撮影スペースを確保していただければ、商品をお送りいただいたり、撮影スタジオを手配する必要がありません。

商品・料理の撮影に使用する機材や照明について

商品や料理の撮影で、活躍する機材や照明(ライティング)についてです。

・レンズ:EF100mm F2.8Lマクロ IS USM(Canon)

最短撮影距離は約30cm。近寄って撮っても、離れていても普通に撮れる。

・ストロボとライティング方法

商品撮影では、照明の組み立て(ライティング)が重要になります。ライティング方法によって次のような特長があります。

○ストロボ ⇒ 発光はダイレクトであるため影ができる。コントラストが高い。

○天井バウンス ⇒ 部屋全体を照明にする方法なので、被写体に光沢面がある場合には余計な映り込みが避けられない。

◎アンブレラ(反射傘)を装着 ⇒ 天井バウンスと同様に、発光面積が広くなった分、光がまわりこんで影が柔らかくなる。ただし、被写体に光沢面がある場合には傘の形が映り込んでしまう可能性が高いので撮影後にレタッチ作業が必要。

◎トレペやアクリル板を使用 ⇒ 光が十分にまわりこむように、被写体にトレーシングペーパーや乳白色アクリル板で覆い被せその上からストロボを照射。光沢面の映り込みも問題ない。

  • EF100mm F2.8Lマクロ IS USM(Canon)

    EF100mm F2.8Lマクロ IS USM(Canon)

料金

広告写真撮影の料金はこちらです

pagetop